Loading...

スタッフBlog

雨の日に

こんにちは!!

アドバイザーの畠野です。

 

雨が続いて、なんだか天気がスッキリしませんね~…

でも雨の日っていうのも私はなんだか好きですよ。

 

ボブ・マーリーの名曲「Kaya」のなかでも

「雨に濡れるだけのやつもいれば、雨を感じることの出来る者もいる」

って言ってますからね~♪

 

私は「雨を感じられる男」になりたいですね。

 

特に雨の日とか嵐の夜に家にいる時って、家に守られている安心感からか、なんだかいつもより寛げるような気がするんですよね。

 

そして今日、ご紹介する映画も

私が雨の日、特に嵐の日にいつも観ている映画です!!

 

 

こちら♪

 

ティム・ロスが主演の映画ですね~

彼の醸し出す浮世離れした雰囲気がとっても好きなんです。

 

その浮世離れ感からか、ティム・ロスはゴッホも演じたことがあるんですよ~

 

こんな人♪

 

このぼーっとした表情笑

 

 

そんな彼が演じるのは名前の長い男

その名も

 

“ダニー・ブートマン・T・D・レモン・1900”

 

なんでこんな名前なのかは映画を観てくださいね♪

 

 

物語はこんな感じ♪

 

お金に困って、生活苦のミュージシャン、マックス・トゥーニーが大切な商売道具であるトランペットを

楽器屋に売るところから物語は始まります。

 

売る前に最後にもう一回だけトランペットを吹かせてほしいと、お店の主人に頼み込んで

マックスは相棒との別れを惜しみます。

 

そこでマックスが吹いた曲を聴いた店の主人は驚いた顔をして、店の奥から割れたレコードも持ってきます。

その割れてしまったレコードは丁寧に修復してあり、そのレコードを主人は流します。

 

そのレコードを聴いて、今度はマックスが驚きます。

「そのレコードはどこで?この曲は限られた者しか知らない、俺の大切な思い出だ」

 

と言って

生涯、船から降りることなく、船上でのみ生きた

ある天才ピアニストの物語を語り始めるのです。

 

 

その天才ピアニストこそ!

 

浮世離れマン、ティム・ロス演じる1900なんです!!

 

 

この映画の中で、嵐の最中、マックスと1900がピアノを通じて出会うシーンがあるのですが

その曲が秀逸なんです♪

 

ぜひ聴いてください♪

 

この映画、この曲で嵐の日の気分も大きく変えられるようになったんです!!

 

 

 

ぜひ雨の日、特に嵐の日にご覧あれ~♪

099-296-8881