Loading...

スタッフBlog

TOSAZAI

現場担当の下池です。

桧の床材を今回紹介いたします。

感動におきましては木材に関して土佐材の桧を採用してお客様にご提案しています。

今回引き渡し間近のお客様宅で床材を使用いたしました。

赤身が多く見た目もすごくきれいで香りがして癒されます。

無垢材のデメリットとして、木のそり、床なり、木の収縮により隙間が出てくる、キズが付きやすい、シミになる、などの話がよく出ますが、そんなことはありません!

そり、木の収縮に関しては十分な乾燥材を使用している為大丈夫です。

床なりに関してはボンド、釘の併用で固定している為、完成時には少し音がしますがすぐになくなります。

キズ、シミに関しては、出来れば蜜蠟ワックスがお勧めです。

土佐材は水がきれいで雨風の多い厳しい環境の中で育っています。目も細かくお勧めです!ぜひ採用してみて下さい。

下池

099-296-8881