感動の家づくり

長期優良住宅のメリット

01.耐震性能のメリット

建築基準法適合レベルの新築住宅と比較して約45万円の差!

耐震等級1~3.png

・東京都で新築し保険期間は1年間、地震保険金額1,000万円で35年間同一条件で加入した場合

・耐震等級3で50%の耐震等級割引を適用した場合

・建築年割引で10%の割引(新築住宅)を適用した場合との比較


02.省エネルギー性能のメリット

断熱等性能等級4に適合しないと住宅と比較して合計約200万円の差!

平成25年省エネ基準(断熱等性能等級4)適合相当の断熱性能vs 平成4年基準(断熱等性能等級3)適合相当の断熱性能で

35年間の光熱費比較(壇冷房は電気エアコンを選択)

差額.png

【シミュレーションの条件】 

・家族構成4人(夫婦+子供2人)    ・生活スタイル:昼間はほとんど家に人がいない家庭を想定

・主婦:昼間は3日程度パートで不在  ・夫:昼間は会社で不在 ・子供:昼間は学校で不在

・電気代:東京電力(2014/4時点の料金)

※一定の仮定をおいて試算。  ※本シミュレーション結果は、あくまで目安であり保証するものではありません。


03.認定取得によるメリット(税制優遇)

認定を取得しない住宅と比較して合計約63万円の差!!

①所得権保存登記 登録免許税の軽減

sales_eigyou_man.png

②固定資産税 軽減機関の延伸

③贈与税の非課税枠の拡大

東京都に新築する木造戸建住宅 土地代1,500万、建物2,000万(120㎡)

贈与金額1,500万、住宅ローン2,200万、建物評価額東京法務局管内

木造87,000円/㎡で試算1,044万(経年原価補正率は考慮していません)

 

04.認定取得によるメリット(金利優遇)

【フラット35】S(金利Bプラン)利用と比較して合計約27万円の差!

フラット35.png

・長期優良住宅の認定を取得すると【フラット35】S(金利Aプラン)が利用できます

・【フラット35】S(金利Aプラン)を利用し、2,000万円を元利均等ボーナス返済なし

・適用金利1.48で35年借入れ

 

注1.)本資料は平成28年2月現在の内容であり、今後改正等により予告なく変更になる場合がございます。

注2.)本資料の掲載内容及び写真・図版の無断転載はかたくおことわりします。