感動の家づくり

環境のことを考えよう。

 

2.png

 

を切ってその材料でお家を作る。一見森林伐採や環境破壊のお話のように思います。

しかし、実は木は樹齢60年を超えると光合成をしなくなります。光合成を終えた木材をお家として利用し、新しい木を育てることで二酸化炭素を減らすことができるのです。

そしてお家はより長く住まうことで、二酸化炭素を貯めておける第2の森になります。

お家を永く大切に使うことで地球環境に貢献することができるのです。

図1.png